• ホーム
  • SNSの誹謗中傷コメントはチャンスに繋がる?

SNSの誹謗中傷コメントはチャンスに繋がる?

SNS上では匿名で誹謗中傷をしてくる人もたくさんいます。何の意味もない悪口や荒らし行為などは見ている方は大きなストレスを感じてしまうので無視することが一番です。荒らし行為を続けるような人は、自分のストレスを発散するために無差別に他の人を利用して攻撃をしているだけなのです。そのような人のコメントは気にしないようにしましょう。

しかし、中には単なる誹謗中傷コメントではなく有益なアドバイスなどをくれる人もいます。そのような有益な情報は、自分の投稿内容の改善に役立つので要チェックです。自分が気づいていなかった部分を指摘してもらえたと考えれば、そのアドバイスは有益なものだと思って受け取ることができます。自分の投稿に何かしらの問題がありトラブルが起きてしまった場合は改善を続けていくようにすれば、投稿の人気も上がり、成長するチャンスにもなります。

SNSは直接の対話でなく、画面上でのコミュニケーションとなるので、文章を読むだけでは言葉の意味の履き違えなども起こることがあります。自分の発信している情報に対して、相手が誤解をし、言い争いにつながってしまうこともしょっちゅう起こりえるのです。そのような場合は感情的にならず、相手に理解してもらえるようにこちらから丁寧に説明をしてあげる必要が出てくることもあります。こちらが丁寧に相手が理解してくれるまで発信を続けることで、世間が自分の味方をしてくれたり、相手と和解したりすることにつながることができればフォロワーが増えたり自分の発信への注目が増えるチャンスにもなります。和解するためのポイントは、とにかく丁寧な言葉遣いで相手を尊重し、自分と相手の言葉の意味に齟齬がないかを考えてメッセージを送ることです。

匿名のユーザーなどからあまりにもひどい誹謗中傷コメントをされることを利用して、自分の投稿を世間に注目させることも可能です。無視をしても、しつこく悪口や荒らし行為をしてくるようなユーザーに関しては、二次被害を防ぐためという意味もこめて、公表することをしても良いでしょう。同じような目に合った人からの擁護が来るかも知れませんし、自分と同じような目に合う人を減らすために証拠のスクショなどをアップしてもかまいません。あまりにも悪質な行為があった場合はそのSNSの運営元へ報告と相談を入れるようにしましょう。何らかの対策をしてくれるはずです。誹謗中傷コメントなどに負けずに、楽しいSNSライフを過ごしてください。

関連記事