• ホーム
  • 過激な投稿に注意!SNSで発生する炎上とは!

過激な投稿に注意!SNSで発生する炎上とは!

パソコンで作業する人

いくら注目されたいからといって、SNS上であまりにも過激な内容や問題発言、差別を含むような投稿をしてしまうとそれを見た不特定多数のユーザーから批判コメントなどが殺到することがあります。一度火がついてしまったらなかなか消えないような様子から、そのことを炎上と呼びます。特に、フォロワーの数の多い芸能人や政治家などは注目されることも多いためにこの炎上が起きやすいとされています。

炎上はまず投稿に対して批判コメントがつくことから始まります。その投稿をまわりの人にも見てもらうために、シェアをする人もいます。そのため、自分がうっかり問題発言をしてしまって炎上した際に、その内容を削除しようとしてもその時点で他の人によって違うSNS上などですでに広められている場合があります。今はスクリーンショット機能などがあるので、保存機能が付いていないSNSでも簡単に内容を記録することができてしまいます。自分のところに批判コメントが来ないようにするには、そのSNSの利用を停止するしかなくなるという結果もありえます。

批判コメントが殺到するだけでは終わらない場合もあります。SNSを匿名でやっている場合でも、本人を特定しようとする動きなどが行われ、自分の本名・住所などが世間にばれてしまうというトラブルにもつながるのです。芸能人や政治家以外でも、最近では一般人の炎上トラブルもよく見かけます。自分はフォロワー数が少ないから、炎上しないだろうと思っていても、自分の投稿を不快だと感じたユーザーがそれを広めてしまう際に、そのユーザーの影響力が強ければ大きな炎上につながることも十分にありえます。

このような炎上を起こさないためには、どうすれば良いのでしょうか。一つは、自分が投稿する内容を、よく確認することが大切です。知らないうちに差別的な内容を含んでいたり、モラルに欠けていたり、マナー違反をしているような内容だと、批判が殺到してしまう可能性があります。たとえば、自分以外の他人の顔がわかる状態で写真をあげることなどもマナー違反になります。通行人の方などの顔がうつっている写真をあげたい場合であれば、モザイクをかけたりスタンプで隠すようにしましょう。誰かの投稿に対して、攻撃的な強い批判などを行うこともマナー違反になることがあります。

投稿の内容に問題がないか、マナーに違反してないかを確認してから投稿するようにし、炎上を防ぐように注意しましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧