• ホーム
  • インスタグラマー?何故SNSでお金を稼げるのか?

インスタグラマー?何故SNSでお金を稼げるのか?

Instagramを投稿しているユーザーの中で、フォロワー数が多かったり影響力が強かったりする人物のことを、インスタグラマーと呼びます。いまやインスタグラマーは、多様化した職業のうちの一つとも言われています。インスタグラマーは写真を定期的にアップしているだけなのに、なぜ収入を得ることにつながるかというと、そこには企業との関係があるからです。企業は、自社の商品の広告・PR活動を日々行っています。そこで、影響力の強いインスタグラマーにお金などを支払うかわりに自社の商品の広告・PRを依頼するのです。それによってインスタグラマーは企業からの収入を得ることが可能となっています。テレビのCMなどで企業が広告を出すのには多大なお金がかかってしまいますが、InstagramやSNS上でのPR活動であればインスタグラマーに支払うお給料や商品代金ぐらいしか必要でないので、そこまでお金はかからず、効率的な方法と言えます。

ちなみにインスタグラマーが稼いでいる収入の相場としては、有る程度有名な人で年収60万円ほどだそうです。かなりの大物になると、年収1,000万円を超えるという人もいるというから驚きです。あくまで相場なので、SNSへの投稿だけでそこまで稼ぐのはかなり難しいと言えるでしょう。

フォロワー数が多いインスタグラマーほど影響力があるということで、仕事の依頼が入ってきます。また投稿のポジティブ性、プラスのリアクションが多く来るかどうかも重要事項となります。投稿する際のやり方も様々で、企業からPRのために商品を送ってもらったと正直に記載する人もいれば、自分のおすすめ商品として紹介する人もいます。自分で購入したわけでなく、企業から依頼されているのに、普段から自分が選んで使っているような書き方をしてしまうと、それをフォロワーが知った際に批判をしてくることもあります。ですから、紹介の仕方は重要です。さらにフォロワーからすると、商品の紹介だけの写真や動画はオリジナリティがなく、見ていて退屈なものになってしまいます。いかに世界観に溶け込ませて商品をPRできるかということも大切です。それらのことに気を付けながらの仕事になるので、実はとても大変です。たくさんのお金を稼げるぐらいのインスタグラマーになるのも、それを続けていくのも決して簡単なことではありません。努力を続けてこそ、仕事として成り立っているのです。

関連記事